借りやすい金融会社

0

柔軟審査で借りやすい消費者金融

高い利息を支払ってまで貸金業者からお金を借りるという行為は、今現在本当にお金が必要な状況を意味します。お金に困っていなければ、誰もそんな利息を支払ってまで借りるはずがありません。そんな緊急な場面では確実に審査に通る金融会社が求められるわけで、審査に時間を有したり審査が厳しくて通らないような業者は除外すべきです。

借り入れ審査が甘い消費者金融

貸金業者でも貸し付け審査は様々です。優良顧客のみを扱っている業者は、支払い能力の希薄な複数借入者への審査は厳しくしていますし、逆に複数借入者をターゲットにした業者は貸し付け審査を甘くしています。もしも現在の借入件数が4件以上あるような方は、比較的審査基準の甘い業者へ申し込みをすれば、審査に通る確率が高くなるでしょう。

現在の借入件数に応じた融資先

絶対審査に通るためには、現在の借入件数に応じた融資先へ申し込むことが重要です。それには、まずご自分の現在の借入件数と借入総額を計算し、その条件に合致した金融会社を選択探すことから始めます。目安としては、借入件数が3件を考えればわかりやすいです。それ以下だと銀行大手メガバンクカードローンが利用できるでしょう。

それ以上の借入がある方は、大手では審査に通る可能性が低くなるので、準大手中堅中小消費者金融を利用しましょう。

大手カードローン中堅クラス小規模

審査に通らない理由を考える

顧客にお金を貸して営業利益をあげたい貸金業者が借金の申し込みに応じないからには、大きな理由が横たわっていることは明白です。その理由の中でも避けては通れないのが、信用情報機関の個人データ記録です。

個人データには現在の借金情報や、過去の取引情報なども記載されているため、いくら借入記録をごまかそうとしたところで金融会社側にはすべて暴露されてしまいます。特に、過去に破産や支払いを遅延していた方などは事故情報として貸付禁止者に登録されていることもありますので、そういった方は審査で落とされてしまうことになります。

状況に応じた融資先があります
絶対借りれる金融会社

貸金業者のシステム

消費者金融のような貸金業者は、顧客にお金を貸して、元金と利息を返済してもらって利益を得ています。しかし、その顧客が返済をしなければ消費者金融会社は貸し倒れになってしまいます。そういった焦げ付いた損益はいつの世にも必ず存在します。特に多重債務者相手に金貸しをしている中小中堅のサラ金業者なら尚更のことでしょう。

回収出来なかったお金は、どこから充当しているかといいますと、他の利益から充当しています。つまり、その程度の損益分くらいは、十分に利益分から回収出来るということです。しかし、考えようによっては、こういった不払いの輩が居なくなれば、もう少し金利が安く出来るはずですよね。

健全に借りたお金を返済している人は損をしたような気分になりますが、多重債務者は完全に経済的破綻に陥らないと表沙汰にはなりません。したがって複数借入者を一方的な被害者と認識する人は、その人たちの破綻した悲惨な生活を目の当たりにするので、あまり厳しい意見が言えなくなってしまいます。

低金利融資制度と社会保障制度

深刻な債務問題を解決するためには我が国の金融システムを改革し消費者や中小零細企業が利用で来る低利融資制度を充実することが重要です。まず政府が銀行や政府系金融機関に、その社会的、公共的使命を十分に自覚させし消費者や中小零細企業に対し低利融資を行わせることがたいせつです。

キャッシングをする前に

キャッシングをする前に確認しておくことは、貸金業者からお金を借りれば、元金と併せて金利を支払わねければならないことを自覚しておきましょう。

現在の上限金利は18.0%なので、昔と比較すれば各段に低くなっていますが、長期の借り入れになれば、そこそこの金額になってしまいます。したがって可能な限り低い金利で借りることが重要です。

無登録業者は回避する

貸金業を営むには、必ず所轄の都道府県知事への貸金業登録をしなければなりません。登録をしていない業者は違法業者ということで、取り締まり対象となる金融屋です。そういった違法業者の多くは、法外な利息をとっていますし、違法な取り立て行為もしています。

昭和の時代では、こういった形態の業者は違法ではなかったため、跳梁跋扈していたわけですが、今では完全な違法業者です。また、貸金業登録以外にも、貸金業協会や日本消費者金融協会の会員であれば、問題ないでしょう。違法行為をするような業者は、これらのような協会に入会することは不可能だからです。

甘い広告には要注意

借り入れ先を選んだ理由で一番多いのが、広告チラシです。webサイト上にも無数の広告が並んでいますが、書かれていることが大ウソであることも少なくありません。

0たとえば、以下のような内容の広告はすべて虚偽です。

  • 無審査で融資可能・・・実際はクレジットカードの商品枠を使った現金化のことです。
  • ブラックでも可能・・・信用情報機関の事故情報に登録されていれば審査には通りません。ヤミ金融の類でしょう。
  • 低利で債務を一本化・・多重債務者がこの手の話に引っ掛かりますが、手数料だけ取られて騙されるのが関の山です。
  • 個人融資します・・・・これも詐欺の手口です。どこの馬の骨とも分からない相手に、お金を貸すはずがありません。

誰でも貸すような業者

いくら多重債務者を専門に扱っている貸金業者といえども、誰でも貸すというわけにはいきません。多重債務者はいわば自己破産予備軍ですので、いつ支払い不能になってもおかしくない人たちです。

そういった人にお金を貸すことは、大きなリスクを伴いますので、彼らも融資をする相手を見ています。あまりにも危険な相手(返済不能になりそうな相手)だと判断されれば、融資は不可となります。

ただ、やはり誰でも貸すような業者は危険が一杯です。ヤクザと関係があるでしょうし、支払いが滞ったりすれば大変な事態になります。

最終更新日 2019.2.22

キャッシングナビゲーション